スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

魔乳秘剣帖 第5話 「ろくでなしとおっぱい」

SP表紙

あの時、化け物達が何か言っていた様な……
お、 おぉ、 『おっぱい!』 そう、化け物達は、おっぱいおっぱいと口々に!




「はい! 丁半揃った! 勝負! おっぱいの丁!」
本日も冒頭から通常営業で逆に安心するわぁ

「お疲れ様でした千房殿。壷筒振りも大分サマになってきましたなぁ」
アバンの乳振り、もとい壷振り師は千房様でしたか。今回の乳を吸われる魔乳の新手かと思いましたよ

「豊乳は富の証。乳と共に運も全部、持っていかれちまった」
2年前に村一番の乳自慢の女房を失ってから荒れた生活を送る弥助。乳だけで千房を壷振りと見抜くその乳眼、対したものだな

「おっぱいが恋しいなぁ」
これで4人の子持ちとか終わっとる

「母ちゃん! おっぱい饅頭やって!」
「おっぱい饅頭おされて泣くな! おっぱい饅頭おされて泣くな!」

これはいい母ちゃんだな。弥助さんが夜な夜なすすり泣くのも無理ないですよ

「オッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイオッパイ」
やべえ淫獣来たぞ

「守ってやれなかった。私が付いていながら、みすみすお鈴さんを…」
乳流れで胸が大きくなってしまった結果、お鈴を助けに行くのが遅れてしまった千房(やはりここまでデカイと弱点となりうるのか

「レズレズじゃのう」
こんなジジィは前回の乳吸いのタコ吉だけで十分じゃあ!

「母ちゃんのおっぱいが恋しかったから…」
やはり犯人は弥助の子供たちだったか(仕方ない。おっぱい饅頭が恋しいなら仕方がないよ

「子供心に母の面影を乳に求めてしまったのは同情できる」
「2度とこんな真似をしないというなら、思う存分、この乳に甘えていいぞ」

幼少時、母親に対しての乳の思い出が蘇った千房様の大岡越前
しかし幼い子供たちに乳を揉まれるわ吸れるわ恍惚な表情を浮かべた挙句最後はレ〇プ目とか…

「坊や達、これからは私をお母さんだと思って甘えて!」
おい子供たち。お兄さんが飴を買ってあげるからそこをどくんだ、いやどいて下さい

「千房がここに泊まっていたそうだな」
影房キタ━━━(;゚Д゚)━━━!! お鈴の胸を斬るという暴挙に出ねばいいが…

スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hououin.blog.fc2.com/tb.php/177-ec38bc38


魔乳秘剣帖#05

第伍話 『ろくでなしとおっぱい』 “おっぱい”じゃ、しょうがねぇなぁ!…うん。“おっぱい”じゃあねえww いやはや、今回も色々と考えさせられる有意義な30分だった。 『おっ
[2011/08/10 09:43] URL インチョーのなんとなくブログ風 〜もしくはネットの海で瓶詰地獄〜

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。