スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Steins;Gate 第20話 「怨嗟断絶のアポトーシス」

SP表紙

3日も4日も何も食べないでずっと横になってると、来やがるんだよ
鼠が、死体と間違えて… んな時さ、糸が垂れてたんだ。蜘蛛の糸
そしたら登るかしねぇだろ。例え行き着いた先でこの手を汚す事になったとしても…




「何度Dメールを取り消してもIBN5100は手に入らなかった。多分、元の世界線に戻らないと無理なんだと思う」
コインロッカーの破壊は思い止まり、ロッカーを見張り回収に来るであろうFBを待つ事にしたオカリン

「私も、FBに会いたい 確かめたい 本当の事を」
絵が付くと差し入れ萌郁さんが少ししおらしく感じるな。文章が中心となる原作では描けない

「なんだか最近、オカリンとお話してない気がするなぁって…」
全てを犠牲にしてまゆりを救おうとしてるオカリンとの悲しいすれ違い

IBN5100を回収しに来たラウンダー。彼らの周到な受け渡しに煙に巻かれるが、
そこはタイムリープで対抗していくオカリン。その行き着く先はの主はミスターブラウンだった

「フェルディナント・ブラウンって知ってるか? その頭文字は?」
ミスターブラウンの正体判明。

「糸から逃れた人形は…」
萌郁さああああああん。お、原作と展開が違うなぁ

「俺は失敗した。だが綯は何もしらねぇ。俺さえ死ねば…」
ブ、ブラウゥゥゥゥゥゥゥン。

これにてオカリンのDメール削除の旅、終了。長いラグナロックだったze

「これまでのDメールを全て取り消し、世界線を元に戻す」
「そこはSERNのディストピアが生まれない世界線。まゆりが死なない世界線。そして、その世界線では、牧瀬紅莉栖は、死ぬ」


ここからがこの物語の最終章であり最大の難題
βからα世界線への移行の引き金となる一番最初のDメールの内容は紅莉栖が刺殺されているのいうもの。つまりオカリンが目指したβ世界線では紅莉栖の死が確定している世界線
果たしてオカリンは、まゆりが死んで紅莉栖が生きるα世界線を選ぶのか、まゆりが生きて紅莉栖が死ぬβ世界線を選ぶのか…全ては運命石(シュタインズゲート)の選択のままに…

以下駄文

綯ちゃんパート丸々カットで萎~(なんちゃって(-。-)y-゜゜゜
各所サイトを徘徊している殿方ならもうご存知かも知れませんが、
原作ではこの世界線の最後を〆を飾るのは萌郁で無ければミスターブラウンでも無い。人畜無害の小動物と言われる綯ちゃんなのです

綯ちゃんはミスターブラウンの仇を取る為、15年後先の時代からタイムリープしてきたタイムトラベラー、
この世界にやってきた理由は萌郁さんを殺す為、事実、刺殺にも成功します
(アニメではミスターブラウンが萌郁さんを撃ちましたが、原作では萌郁を生かそうとして連絡を取ってなかったので、萌郁さんを撃たずに自害しました

ここでオカリンは15年後の2025年に綯の手により拷問された挙句、殺される事を綯の口から教えられます
世界戦の収束。つまりオカリンの死は15年後で確定されているので、今ままでの幾度の危機の中でも命を落とすことがなかったという裏設定が明かされるという


次回予告

スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hououin.blog.fc2.com/tb.php/205-7b58468b


STEINS;GATE 第20話「怨嗟断絶のアポトーシス」

萌郁からIBN5100の場所を聞き出した岡部。 回収しようとする岡部に 紅莉栖はFBが誰なのか突き止めるべきと助言。 次々と渡されていくIBN5100を追った先でたどり着いたFBの正体は!...
[2011/08/18 21:39] URL SERA@らくblog

Steins;Gate「第20話 怨嗟断絶のアポトーシス」/ブログのエントリ

Steins;Gate「第20話 怨嗟断絶のアポトーシス」に関するブログのエントリページです。
[2011/08/18 22:35] URL anilog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。