スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

踊る大捜査線 the final新たなる希望

TVシリーズのブームの煽りを受けて15年。
ここまで見続けた作品の幕劇という事ならば見ないわけにはいかない。
という事で見てきました。

個人的にこの作品の頂点は年末SPだと思っているので、
雰囲気がそれに近い今作は踊るは前作と比べるとらしさが出てるのかなぁと感じました。

キャリア/ノンキャリアの枠組みを外して
現場が自由に捜査を出来る組織を作り上げるという室井とそれを望み続けた青島のひとつの終着点。
今作はTVシリーズ終盤で吹っ切れた室井を思い出した人も多いのではないでしょうか。

タイトル通りの結末。思えば今作のタイトルが公開された時、
青島が殉職してもその思いは受け継がれる!とか安直な自分の想像とは違いましたが、
これでいいのではないでしょうか。
(ただ続編ありきの舞台が整いすぎているのでこれでファイナルというのも…

ここで劇場での大音響の環境下で見る場合の注意点として、
最後の犯人との決戦のシーンは会話劇の最中に拳銃を撃つなど
どでかいSEが不意を突かれたが如く響き渡ります。 

これはビビったw
しかし逆にこれで心構えが出来たので決着の際のSEにはびびらなかったもんね、ドヤァ

その後の抱擁は業況が状況なのでシュールな絵面ですが、まあこの作品らしいという事で。

あとOPは歴代の中で最高の出来じゃないですかね。
ファンの方はおそらく何度見ても飽きないと思いますよ。
(解放せよはOPがアレで肩透かし喰らったので…

それにしてもこの映画、表の主役は青島と室井で、
裏の主役は小栗旬演じると鳥飼と大杉漣演じる警察行政人事院の横山だったなぁ

スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://hououin.blog.fc2.com/tb.php/276-8e941473



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。